ハワイの昔の王族と階級制度

ハワイは昔、生まれながら持つことになった厳しい階級制度があった。

階級は自分の親の地位も含めどの家系に位置するかによって決められ、結婚も神聖な子供は神聖な子供同士というように同じ階級同士が結婚する仕組みとなっていました。

このハワイの階級社会の頂点にたっていたのがアリイ(王族)とカフナ(神官)とよばれる貴族階級です。また一番下の奴隷階級カウバで、残りの庶民はマカアイナナという4つの階級制度から成り立っていました。

階級の頂点に立つアリイはハワイ州最高裁判所の前の銅像カメハメハ大王を見てわかるように簡単に見分けがつく。アリイは何千という色鮮やかな赤や黄色の鳥の羽でできたケープやマントを身にまといハワイアンヘルメットも華やかな鳥の羽で覆われています。

このカメハメハ大王が初めてハワイ諸島を統一した王様です。

カメハメハ大王

関連記事

  1. cuz意味

    Hey cuz! CUZの意味

  2. キャプテンクックステッカーの通販

    ハワイアンはクック船長の事どお思ってる?

  3. ハングルースとシャカの違い

    ハングルースの意味って

  4. ハワイイカイカ

    ハワイのイカイカとは

  5. カプの意味

    カプの意味 ハワイのカプ制度とは

  6. ブロ意味

    ハワイでよく耳にする、ブロ(Bro)ってどういう意味

  7. フラの意味

    フラの意味って?

  8. サメの歯意味

    ハワイサメの歯の意味って?

PAGE TOP