カプの意味 ハワイのカプ制度とは

カプの意味とはハワイ語でタブーを意味する言葉です。

カプ(Kapu)の意味は中世ハワイで使われていたハワイの族長(アリイ)や聖職者(カフナ)、いわゆる上流階級の威信と力を存続させるための「掟」カプ制度です。

ハワイカプ意味禁止タブー神聖なものと同じ意味で現在でもハワイで使われる生きたハワイ語です。

島国のハワイでは基本的にすべて自然に依存しているのでカプ制度は自然界に対する尊敬や環境を守るということにおいて根本的には大切な制度であったと言われます。

しかしながらカプの罰則は厳しく、時には死刑も‟アリイ”によって執行されています。

ハワイにおけるカプの意味

アリイって?カフナって?

1782年から1820年まで続いたこのカプ制度はハワイの社会を4つの階級にわけました。

・アリイ(Alii)
最も位の高い神の子孫とされた指導者

・カフナ(kahuna)
聖職者、職人

・マカアイナナ(makaainana)
庶民

・カウア(Kaua)
社会から追放された人

最も位の高いアリイが道を通ると庶民以下は両手をつき頭が地面につくほどさげなければならなかったり、男女別々の場所で違った種類の食事をとらなければならなかったりとカプ/タブーがたくさんありました。

生粋のハワイアンの一般家庭で食事をごちそうになると男性が用意から調理まですることがほとんどです。

これはカプ制度があったハワイでは食べ物の栽培、調達から調理までは全て男性がやる事になっていた名残です。

このハワイのカプ、カメハメハ1世が亡くなりカメハメハ2世の代まで約40年続き、その後ハワイにキリスト教が広まっていきました。

 

ハワイアンステッカー通販のスラップヤ

ハワイアンステッカー通販

関連記事

  1. ハワイイカイカ

    ハワイのイカイカとは

  2. 日本から聴けるハワイのラジオKKCR

    ハワイのラジオを聴く方法

  3. ハワイの王族と階級制度

    ハワイの昔の王族と階級制度

  4. アロハシャツの起源

    アロハシャツの起源

  5. ハワイアンステッカー通販

    ステッカーはシンプルでおしゃれに

  6. ハワイのお土産はNonGMO

    ハワイのお土産はNon-GMOで

  7. マカヒキの意味

    マカヒキの意味

  8. 古代ポリネシア人

    ハワイに最初に住み着いたのはマルキーズ諸島からのポリネシアン

PAGE TOP