ハワイに行けばどこでも耳にするアロハ

ハワイに一歩踏み入れると耳にする「アロハ」。

アロハの本当の意味

空港についてから、ホテル、ビーチ、ショッピングモール、どこにいても「アロハ」という言葉が聞こえてきて「ハワイにいるんだな」と実感する。

アロハの意味は大きな意味で”愛”を意味し、また挨拶の言葉としても使われている。

日本語で「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「またね」「いらっしゃいませ」として使われ、アロハと耳にしない日は皆無。

ALOHAの文字を分解してみると”ALO”と”HA”で出来ていてALOは「目の前の」、HAは「息吹」を意味する。

19世紀にアメリカ人がアルファベットを伝えるまで、文字持たない文化を形成していたハワイは目の前の息吹(命)を分かち合う表現を大切にしていた。

お互いの額と鼻を合わせ、命の尊さを確認しあう。

本当の愛を交換する事がハワイの挨拶なのだ。

関連記事

  1. ハワイアンフィッシュフックステッカー黒

    ハワイアンフィッシュフックステッカー出来ました

  2. アロハシャツの起源

    アロハシャツの起源

  3. ハワイのライブカメラ一覧

    ハワイのライブカメラ一覧

  4. ハングルースとシャカの違い

    ハングルースの意味って

  5. ウクレレの起源はポルトガル

    ウクレレはハワイ生まれ?

  6. 日本から聴けるハワイのラジオKKCR

    ハワイのラジオを聴く方法

  7. マカヒキの意味

    マカヒキの意味

  8. カプの意味

    カプの意味 ハワイのカプ制度とは

PAGE TOP